HOME東京都世田谷区代田。東松原駅から徒歩3分、梅ヶ丘駅から徒歩9分の眼科、美容皮膚科のクリニック

加齢黄斑変性

喫煙や肥満が、発症リスクを高めます


加齢黄斑変性の症例

加齢黄斑変性とは、加齢によって網膜の中心部である黄斑に障害が生じて、見ようとするところが見えにくくなる病気です。50歳を過ぎたころから見られ、高齢になるほど多く見られるようになる病気です。
見ようとするものが見えない、ものがゆがんでみえる、視力が低下したといった症状が見られたら、お早めに当院までご相談ください。


黄斑とは

黄斑とは網膜の中心にある直径1.5 mm~2 mm程度の小さな部分の名称で、黄斑の中心は中心窩と呼ばれ、見ているところ(固視点)からの光が当たる部位です。黄斑にはキサントフィルという色素が豊富にあるために黄色をしています。
黄斑は非常に小さな部分ですが、黄斑に異常が生じると視力が著しく低下する事があります。

加齢性黄斑変性症の進行

主な症状としては、以下のようなものがみられます。

  • 見ようとするもの(中心部)が見えない
  • ものがゆがんで見える
  • 視力の低下

加齢黄斑の治療と予防

治療法としては抗VEGF薬硝子体を注射する療法があります。 脈絡膜新生血管の成長を活発化させる体内のVEGF(血管内皮増殖因子)という物質の働きを抑える薬を眼に注射する治療です。
薬を眼の中に注射することで、加齢黄斑変性の原因である新生血管の増殖や成長を抑えます。 一度の注射で病気を完全に抑える事はできず、複数回の注射が必要です。
また、必要な場合は高次医療機関と連携して治療を進めます。


喫煙や肥満などは、加齢黄斑変性発症のリスクを高める原因です。加齢黄斑変性の予防や進行を遅らせるためには、禁煙が重要といえます。また、緑黄色野菜やミネラルの多い食べ物を摂取することも、予防にとっては大切です。栄養バランスの整った食事をとるように心掛けましょう。


米国国立眼科研究所が加齢性眼疾患変性症に対して実施した、大規模研究、加齢性眼疾患研究(Age-Related Eye Disease Study)AREDS及び AREDS2では平均で6.3年間追跡調査が行われました。そこで、亜鉛、ビタミンC、ビタミンE及びβ-カロテンからなる抗酸化サプリメントの摂取を受けた群では、偽薬を飲んだ群(プラセボ群)と比較して、加齢性黄斑変性症が進行しにくいという結果が得られました。
当院では、この結果に基づいて、加齢性黄斑変性症に対するサプリメントを推奨しておりますが、さらにサプリメントが効果的であるよう、その方に合ったものをテーラーメイドにご提案させていただくことも可能です。