HOME東京都世田谷区代田。東松原駅から徒歩3分、梅ヶ丘駅から徒歩9分の眼科、美容皮膚科のクリニック

一般眼科

一般眼科診療を行っております。
視力低下、白内障、緑内障、眼精疲労、充血、眼のかゆみ、涙目、かすみ目、ドライアイ、ものもらいなど、眼に関する疾患をとり扱います。
人間は、感覚の約80%を視覚(目からの情報)に頼って生活しています。
その受容器官である眼について、些細なことや気になる症状がおありでしたら、お気軽にご相談ください。


受診の結果、それが一時的なものであったり、気にする必要もないことであれば安心できます。また、病気が潜んでいたとしても受診することで、早期発見や治療ができます。当院では疾患の予防にも力を入れております。視力低下や失明に繋がる病気でも、早期発見によってそれらを防ぐことができたり、栄養をとることで症状が和らいだりすることがあります。


このような症状の方はご相談ください

・視力が落ちた気がする ・白目が赤い、充血している ・目の奥が痛い ・検診で緑内障の疑いがあると言われた ・目が乾きやすい ・涙がたくさん出る ・糖尿病や高血圧がある ・目ヤニが出る ・物が二重に見える ・目がかゆい ・まぶたが痙攣する ・目が疲れる ・まぶたにできものがある ・目やにが出る ・まぶたにしこりがある

このほかにも目に関するお悩み・困りごと・気になる症状はもちろん、その他気になることがありました際は、いつでも当院にご相談ください。

眼精疲労

現代人はテレビ、パソコン、スマートフォンなどの普及により、目を使いすぎていると言われています。
目の使い過ぎで、目の筋肉や視神経が疲れピントが合わなくなります。これが疲れ目です。
この疲れ目が慢性的になると眼精疲労になるのです。

  • 眼が重い
  • 眼が乾く
  • 頭が重い
  • 頭痛がする、頭がぐらぐらする
  • 目がしょぼしょぼする
  • まぶたがピクピクする
  • 目がかすむ
  • 視力が落ちてきた
  • 後頭部や首筋に痛みを感じる
  • 肩こりがひどくなった

これらの項目に当てはまるものが多いと、眼精疲労の可能性があります。詳細はこちら

アレルギー性結膜炎

花粉や住まいの中にあるほこりが原因になって起こる目のアレルギー疾患です。
最近では、住まいの中にあるほこりであるハウスダストによるアレルギーが急増しています。 花粉には季節性がありますが、ハウスダストは1年中室内にあるため、いつ病気になってもおかしくありません。
したがってこのアレルギーを「通年性(つうねんせい)アレルギー」と呼び、花粉症と区別しています。
結膜は外からの刺激や異物にさらされやすい組織で、涙などでいつもぬれています。 そのため、ハウスダストや花粉がくっつきやすく、アレルギーが起こりやすいのです。


アレルギーは眼だけの疾患ではなく、身体全体の疾患です。腸内環境が悪化していることとアトピーやアレルギー疾患は関係が深いことがわかってきました。何に対してアレルギーがあるかを調べることも重要ですが、アレルギーをおこさない身体を作ることをおすすめいたします。


眼鏡・コンタクト処方

眼鏡コンタクトレンズの処方を行っております。
コンタクトレンズを使用している方は異常がなくても、定期的な眼科検診をお勧めします。
コンタクトレンズの受付最終は4時半まで、コンタクトレンズ装用が初めての方に関しては、受付最終が4時となります。


※株式会社シードが開発した女性のためのコンタクトレンズ「Eye coffret 1day UV(アイコフレ)」「ヒロインメイク 1day UV」も取り扱っております。

一人一人の診察時間を大切にしています、是非ご来院下さい。


詳しくはめがねサポート外来ページへ

詳しくはコンタクト処方ページへ